台湾とあくしゅ

台湾歴16年・元駐在員が台湾のグルメ、かわいいシューズや雑貨、観光、文化を紹介するブログ

台湾子連れ旅行

赤ちゃんと旅する台湾(10)2日目①オススメ朝ごはん「世界豆漿大王」~ストレスフリーの子連れ旅~

更新日:

子連れ旅2日目は、台湾旅行で一番楽しみにしていた「朝ごはん」からスタート。

小籠包よりもハマるかもしれない台湾の朝ごはん。ホテルの朝食をちょっと減らしてでも味わう価値あり!ですよ。

朝ごはんは外食が当たり前な台北

そもそも台湾は外食文化。街を歩けば安くて美味しいローカルグルメがあふれています。

そのせいか、ひとり暮らしの学生やサラリーマン・OLさんがキッチンのない部屋に住むのは普通のことですし、夫婦や家族でも、外食やテイクアウトでご飯を済ませてしまうことも多いんだとか。

朝ごはんも例に漏れず、台北などの都会になればなるほど外食で済ませるのが一般的なようです。

そのため台湾には、いたるところに朝ごはん屋さんがあり(コンビニ並み)メニューも豊富。美味しい朝ごはん屋さんは大行列で毎日賑わっています。

営業時間は店によって差がありますが、早朝4時~5時くらいにオープンして14時位にクローズする朝ごはんやさんが多いようです。

24時間営業の強気なお店もあります。笑

かく言うわたしも学生時代は、語学学校に行く前にかならず朝ごはんを買って登校していました。

私の朝の定番は肉まんを半分に割って、あつあつの卵焼きをサンドしたものとちょっと甘い豆乳。

台湾の肉まんは、日本のものに比べて皮の部分がもっとふわふわで自然な甘みがあります。私はさらに肉まんの皮に甘辛のソースをちょっと足して食べるのが大好きでした。

パクっと食べると甘辛ソースが肉まんのふわふわした皮と卵とお肉の旨味を結びつけ、絶妙にマッチして朝から幸せを噛み締められるお味に!

ほんのりと甘い豆乳も不思議と肉まんにあっていてあっという間に完食。値段も良心的で50元(当時約150円)くらいでした。

他にも台湾には美味しい朝ごはんがいっぱい。朝ごはんパラダイス!といっても過言ではないかもしれません。

中山地区で有名な世界豆漿大王!(しーじぇどうじゃんだーわん)

日本語メニューあり!で観光客でも安心

DSC02324

こちらのお店が位置するのは国賓大飯店(アンバサダーホテル)の裏手。

リージェントホテルやロイヤル日航台北を始めとして、日本人が多く宿泊する中山区エリアに位置しているためか日本人のお客さんがとても多いお店です。

アンバサダーホテルの裏という場所柄かCAのお客さんも多いんだよ~と、昔、お店のおじさんが言ってました。(アンバサダーホテルは某航空会社のCAさんの定宿らしいです)

実はこの「世界豆漿大王」は以前台湾に住んでいたとき、うちから一番近い朝食屋だったこともあり、私たち夫婦にとっては思い出深いお店の一つ。

加えて宿泊した優美飯店から徒歩圏内ということもあり、最初の朝ごはんはこちらでとることにしました。

こちらのお店は観光客が多いので、壁に日本語のメニューも貼られています。

DSC02300

私たちが注文するときはいつも中国語でしたが、おじさん、おばさん、どうやら日本語もすこしできるみたいです。

他のお客さんもあまり困る様子もなく注文してました。

オススメの台湾朝ごはん

列に並んでワクワクしながら頼むものを相談。それぞれの大好きなメニューを注文。食べたいものはたくさんありますが、ふたりで食べられる量には限りがあるので厳選のして注文しました!

正確な値段を忘れてしまいましたが、おそらく150元(600円)いかないくらいだと思います。

DSC02312

培根蛋餅(べいぐんだんびん)
(台湾風クレープ・卵とベーコン入り)

もちもちした皮とネギ入りの卵焼きとベーコンのステキなハーモニー。

甘めの醬油膏(じゃんようがお/醤油ベース甘めソース)をお好みでつけていただきます。

私は台湾の朝ごはんの中でこの蛋餅シリーズが一番好きです!

おススメはチーズ入り!女性の心をつかむ一品です。(今回は授乳中のため断念)

 

DSC02313

燒餅加蛋(しゃおびんじゃーだん)
(パイ生地風の皮に卵焼きトッピング)
夫は朝ごはんの中ではこれが一番好きな様子。パイ生地のようなサクサク食感に卵焼きの風味が広がります。

素朴で懐かしい味。ちなみにパイ生地のようになっていますので口の中が乾きます。笑

美味しいけれど飲み物必須。

私は燒餅は特に好きでも嫌いでもなくらいの位置づけです。やっぱり私はふわふわの肉まん(肉包)派。

 

DSC02311

蘿蔔糕(ろーぽーがお)
(大根もち)
飲茶などでも提供される大根もち。大根っぽさは全くないのですが、原料にはちゃんと大根が使われているそうです。

こちらも醬油膏(じゃんようがお/醤油ベース甘めソース)をお好みでお使いください。

食感もちもちで万人受けする味だと思います。

これもふたりとも大好物。

 

DSC02317

鹹豆漿(しぇんとうじゃん)
(豆乳にエビやネギ、油条を加えたもの。お酢を入れて分離させており、沖縄のゆし豆腐風)

ちょっとだけ辛みのある豆乳。甘い豆乳と違って細かい豆腐状の塊が浮いている状態。

スープです。これが美味しくてびっくりするお味なんですよ!

でも今回は中身の豆乳が少し少なくて、ちょっと物足りない感じ。

GWで混んでたからでしょうか。うーんちょっぴり残念。

世界豆漿大王の詳しい情報

懐かしいお店で朝から大好きな料理と久々の対面!口福なひと時でした。(といいつつ私だけホテルでも朝ごはんを物色し、夫が呆れていましたが。)

日本語メニューがあるので心配無用なこちらのお店。

スタンダードで平均以上の朝ごはんがそろっています。

中山駅や雙連駅付近にお泊りの際は、是非お試しくださ~い。

世界豆漿大王
台北市林森北路310巷27號(アンバサダーホテル裏側)
TEL(02)2567-3115
営業時間 朝:昼ごろまで 夕方:6時ごろから
不定休
MRT雙連駅から徒歩10分程度

旅行記のバックナンバーはこちらから
赤ちゃんと旅する台湾(1)航空券の購入とバシネット
赤ちゃんと旅する台湾(2)旅の取り決め
赤ちゃんと旅する台湾(3)必須!パスポート!
赤ちゃんと旅する台湾(4)旅の持ち物
赤ちゃんと旅する台湾(5)空港への移動・過ごし方
赤ちゃんと旅する台湾(6)優先搭乗とバシネット

赤ちゃんと旅する台湾(7)空港到着・ホテルへの移動
赤ちゃんと旅する台湾(8)你好我好 /點水樓/カフェ・ジャンキーズ

2015.9.24公開

広告テスト

広告テスト

-台湾子連れ旅行

Copyright© 台湾とあくしゅ , 2017 All Rights Reserved.