台湾とあくしゅ

台湾歴16年・元駐在員が台湾のグルメ、かわいいシューズや雑貨、観光、文化を紹介するブログ

台湾旅行 お役立ち情報 未分類

台湾の日本食事情。中華嫌いでも大丈夫!!

更新日:

海外に住む日本人は、誰しも日本食が恋しいな、と思う瞬間があるはず。

私が台湾で恋しかった日本食はズバリ白米。

日本食じゃない!というツッコミが聞こえてきそうですが日本のお米は美味しいですよ。

台湾のお米もなかなか美味しいのですが、和食を食べる時は「日本の炊きたてのお米が食べたいな~」と思ったものでした。

台湾でも日本から輸入されたお米は購入できますが、値段がまったく可愛くないので、購入したことがありません。笑

台北の日本食事情

お米に不満を持てるということは

台湾、特に台北に住む日本人が「日本の味が恋しい~」と切実に思うことは少ないかもしれません。

それは、日本食がとても充実しているから。

お米に不満が持てる=その他が比較的満たされているということですよね。

一歩足を踏み入れるとここは日本か?と勘違いするような居酒屋、小料理屋がたくさん。

駐在員の方々は、日々の疲れを日本と同じように美味しいお酒で癒やす事が可能。

お値段は日本と同じか、それよりちょっと高いくらいですが、単身で来られている方には嬉しい環境。

貧乏留学生にはちょっと敷居が高いですが、学生街の中には「日式」(日本式)を名乗るちょっと不思議なレストランがちらほら。

10年前は天丼を頼んだらエビフライ丼が出てきた、なんて話も聞いたことがありますが、きっと今はマシになっているはず・・・?

両者の間を取りたい場合は、日本でお馴染みのチェーン店に行ってみるといいかもしれません。

あの店もこの店も!!

ロイヤルホスト、モスバーガー、サイゼリヤ、大戸屋、丸亀うどん、吉野家、すき家、ドトール。

和民、麻布茶房、牛角、元気寿司、くら寿司、リンガーハット、CoCo壱番屋。

モスバーガー、モーモーパラダイス、しゃぶしゃぶ温野菜、お好み焼き風月、藍屋、やよい軒。

思いつく限りのチェーン店を挙げてみました。

全て日本でも有名なチェーン店です。

これらのチェーン店全てが、台北を中心に台湾進出を果たしています。

これだけあれば、(お金があれば)極端な話、日本系のものだけで生活するのも可能なんじゃないかとすら感じます。

日本系の飲食チェーン店、どんどんどんどん増えております。

ラーメン激戦区と化した台北

日本のグルメ番組がよく放送される台湾。

日本人のラーメン好きは台湾人にもよく知られています。

「日本で本場のラーメンを食べてみたい!」と憧れる台湾の人も多かったと記憶しています。

でも、5年ほど前までは、実際に日本でラーメンを食べた台湾人の感想は「スープがしょっぱい」「麺が硬い」と決して評判は良くなかったはずなんです。

(台湾ではスープはすっきりしているものが好まれる傾向にあります。)

そのせいか、台湾で日本式ラーメンを名乗るラーメン屋のラーメンは・・・。

日本人からすれば一部を除いて「『日本』を名乗らないでほしい・・・」と思うような店舗がほとんどでした。

それがちょっと目を話した隙に!!

ラーメン店大発生!!

ラーメン

ジェトロによれば、2011年以台湾に進出した日本のラーメン屋は以下のとおり。

屯京拉麺、麺家三士 、麺屋縁、らーめん山頭火。

一風堂 、麺屋輝、 味の時計台、 長浜 No.1。

三田製麺所 、梅光軒 、ラーメン凪 、太陽のトマト麺。

この他にも私が覚えているだけで、らぁめん花月、誠屋、爆弾屋、味千ラーメンなどのラーメン店が進出しております。

味も日本と変わらないそうで、いつの間に台湾人が塩辛いスープでもOKになったのか、ちょっと疑問を抱くほどです。

これだけあれば、八角をはじめとする独特の香辛料が苦手!日本食以外無理!という方でも海外旅行が楽しめそうです。

大阪名物串かつも進出。

2度漬け禁止は健在ですが大阪に来たら1回は味わってみたい串かつ。

たくさんの名店がある中で、有名店の一つである「串かつだるま」。

妙に主張する店主のおっちゃんのマスコットが目立っていますよね。

大阪でも13店舗を展開する串かつだるま。とうとう台湾にも登場したそうです。

もともと台湾の人は揚げ物好き。

串かつが受けないわけがありません。

串かつ

新ジャンルの飲食店が乗り込んできたということもあってメディアでも大々的に取り上げられているようですよ。

面白いのが台湾の人への配慮。

串かつの象徴とも言える鉄のルール、「ソースの2度漬け禁止」。

台北のお店にももちろん日本語と中国語で「ソースの2度漬け禁止」(二次沾醬禁止)の文字。

ところが、これが台湾の人々に馴染むかどうか心配したのか、台北では1度つけて足りないと感じた時にソースを足せるようにソースさしを用意したとのこと。

キャベツでソースをすくわなくてもいいんですね。

優しい配慮だと思います。

でもお店側は2度漬け禁止を浸透させたいようです。

台湾限定メニューもあります
わざわざ台北で串かつを食べる観光客は少ないと思われますが、串かつファンなら一度行ってみてもいいかもしれません。

理由は簡単、台湾限定メニューが存在しているから。

限定メニューは今のところ2種類。

マコモダケ(たけのこのような食感で台湾のBBQには欠かせません。わたしも大好き!)

マコモダケ

マンボウ(言わずと知れた巨大魚ですね。台湾ではたまに料理に出てきます)

大阪のみなさん、台北で串かつ。試してみます?笑

串かつだるま台北店
住所:台北市中山區長安東路一段15號
TEL:02 2523 3037
営業時間:11:00~22:00
FB:https://www.facebook.com/TAIWAN.DARUMA/

 

広告テスト

広告テスト

-台湾旅行 お役立ち情報, 未分類

Copyright© 台湾とあくしゅ , 2017 All Rights Reserved.