台湾とあくしゅ

台湾歴16年・元駐在員が台湾のグルメ、かわいいシューズや雑貨、観光、文化を紹介するブログ

ホテル情報 台湾子連れ旅行

赤ちゃんと旅する台湾(8)宿泊ホテル・優美飯店~ストレスフリーの子連れ旅~

更新日:

とうとうホテルについた赤ちゃん連れの台湾旅行。

今回は宿泊ホテルを決めるまでと宿泊してみての感想をまとめていきます。

台北のお手軽価格でベビーベッドのあるホテル

今回、台湾旅行で宿泊するホテルを探した際の希望は以下のとおりでした。

・ベビーベッドの貸し出しのあるホテル。

・台湾時代住んでいたので土地勘がある、交通の便が良い中山地区のホテル。

・これから年に何度か通いたいので、コスパの良いホテル(家族3人で1泊1万円台)。

・いかがわしくないホテル。

・子ども連れの利用が多いホテル。

子どもが成長するにつれ、ベビーベッドの利用が難しくなるのはわかっていたのですが(予約時5ヶ月、使用時8ヶ月)、ベッドから落ちたりしたら大変!ということで今回はベビーベッド再優先で宿泊先を選びました。

まずはインターネットで台北・ベビーベッドなどと検索してヒットしたホテルをピックアップ。

その後、予算にあうホテルを見つけるため複数の予約サイトで検索をかけました。利用したのは下記のサイトたち。

 

エクスペディア

HOTELS.COM

Agoda

→トリップアドバイザーだと一気に料金比較できるみたいです!こちらのほうが楽ですね。笑

トリップアドバイザー

各サイトで検索した結果、ベビーベッドと予算(家族で1泊1万円台)に合うのは下記の2軒でした。

・優美飯店(ヨウメイホテル・中山区)

・丹迪飯店 天母店(ダンディホテル テンムー店 士林区)

※ちなみにベビーベッドはもう少しグレードの高い、誰でも知っているようなホテルなら基本リクエストすれば利用できるようです。笑(有料・無料はホテルごとに取り決めあり)

丹迪飯店 天母店の綺麗さ、天母という親子に優しい環境(家族連れ駐在員の定番居住地)には心惹かれます。

しかし市内中心部から離れており、さらに地下鉄(MRT)までも距離があるのがネック。

今回は移動が多いため、やはり当初の希望条件を一番多く満たす優美飯店に宿泊することにしました。

(上記サイトで比較して希望の部屋があり、かつ一番価格が安かったエクスペディアで予約をしました。)

※GW期間だったからか「誰でも知ってるホテル(台湾のグレードでいう4星と5星くらい?)」は結構お高かったのですが、先ほど見ると優美飯店とあまり変わらない値段で部屋を出しているところもありました。

旅行を考えたら、一度検索してみると思わぬ好条件で宿泊できるかも!しれません。

優美飯店人気のようです。

 

ホテル予約サイトを利用して子連れ旅行の宿泊先を予約する際の注意点

実は今回宿泊先を予約するにあたって、ちょっと困ったことがありました。

宿泊人数を選択する欄で「大人2名、幼児(1歳以下)1名」と選択して検索すると「条件に合うホテルがありません」という旨のメッセージが表示されるのです

宿泊したい部屋の詳細を確認すると「定員2名 (お子様1名の同伴可能)」と書かれています。

宿泊人数を大人2名のみにすると途端に部屋が現れるという困った現象・・・。

夫と相談して「サイトの条件に反しているわけではないので大人2名で予約してしまおう。

台湾だし大丈夫だろう!」ということになり、ひとまず予約!

8ヶ月の子どもがいること、ベビーベッドの利用を希望することをメッセージ欄に書き込んでリクエストを出しておきました。

後日ちょっと心配だった夫があえて「日本語」で問い合わせをしたところ、なんの事?っとちょっと不思議がられつましたがベビーベッドの利用OKの返事をいただきました。

ついでにwi-fiルーターの貸出リクエストの受付もしてくれたそうです。(wi-fiルーターは当日先着順とのことで使用希望受付のみ)

そして当日、無事にチェックイン。

部屋にはベビーベッドも、そして赤ちゃん連れにはありがたい無料貸出し用品もすでにセットされていました!

ちなみにルーターも無料レンタルできるとのことでしたが、万一借りられない場合を考えて夫が他で有料レンタルしていたためレンタル希望は取り下げました。

チェックインの手続きもwi-fiルーターのやりとりも全て日本語。

日本語担当のお姉さんは日本語がとってもお上手でした!

子どもを宿泊人数に加えると部屋がなくなるというのは、他のサイトでも結構ありました。

予約で困ったら部屋の定員と子どもの宿泊条件を確認して予約し、キャンセル料が出ないうちにホテルに問い合わせる、というのが無難だと思います。

 

優美飯店宿泊の感想

お部屋ー満足!

古いホテルを改装したタイプのホテルですが、リノベーション後は清潔感があり、いかにも今風な作り。

豪華商務房-3

豪華商務房-2

程々の広さがあり、荷物が多かったのですが圧迫感なく利用できました。お部屋と玄関の間にドアがあるので防音の面でうれしい作りでした。

今回宿泊させていただいたのは下から2番めのグレードのデラックスルーム。設備は以下のとおりです。

ダブルサイズベッド 1 台

シティ ビューの 19.83 ㎡ の客室

リラクゼーション - 室内でのマッサージ利用可

エンターテイメント - 無料 WiFi および有線インターネット アクセス、37 インチの液晶テレビ、DVD プレーヤー

お食事とお飲み物 - 冷蔵庫、ミニバー (アイテム無料)、およびコーヒー / ティーメーカー

バスルーム - 専用バスルーム、深めの浴槽

お風呂ーまあまあ

豪華商務房-6

お風呂はお手洗いと一緒になっているタイプ。ウォシュレットあり、サウナ機能ありで設備はいいのですが、お風呂の作りがよくあるバスタブ兼洗い場?なタイプ。

体を洗って湯船に浸かろうと思ったら一度お風呂から出て待機しないと行けないのはちょっと・・・。ということでちょっとだけ評価が落ちました。

しかしながらよく考えてみると、台湾のホテルはバスタブがないところも多いので、バスタブがあるということは評価すべきなのかもしれません。

サービスー大満足

ウェルカムフルーツあり、カップ麺やスナック菓子の無料サービスあり、フロント付近に宿泊者用のポカリとミネラルウォーターボトル提供あり。

さらにベビーカーの貸出や自転車、前述のwi-fiルーターの無料貸出しもうれしいところ。

フロント日本語対応OK。従業員も気さく。

朝食会場では子供用のイスの使用を積極的に聞いてくれるなどの心遣いもあり。

朝食もこのグレードのホテルにしては品数豊富で悪くないと思います。

お子様向け対応ー大満足
下記のようなサービスが無料で利用できるとのこと。うちは0歳児だったので?歯磨きセットやバスローブは準備されていませんでした。

ベビーバスやベビー用のボディソープ、そしてベビーベッドは嬉しいサービスでした。

ベビーベッドは欧米によくある?タイプの柵が開かない&ベッドの床板がかなり低いところに設置されてるものだったので、自分で寝れない我が子は結局大人とベッドで寝ました。

ただ、ちょっとおとなしくしてて欲しいときにベビーサークル代わりに使って役立ちました!

Baby Friendly

ホテルの立地も最寄りのMRTまで4分程度。デパートも徒歩圏内。

しかも建物の隣にベビー用品店あり!ということで(他のホテルの値段にもよりますが)ワタシ的定宿にしてもよいコスパの良いホテルに認定します!

詳しい情報は下記をご覧ください。日本語ページもございます!

優美飯店(YOUMEI HOTEL)

こちらも念のためご案内。

丹迪飯店 天母店

広告テスト

広告テスト

-ホテル情報, 台湾子連れ旅行

Copyright© 台湾とあくしゅ , 2017 All Rights Reserved.