台湾とあくしゅ

台湾歴16年・元駐在員が台湾のグルメ、かわいいシューズや雑貨、観光、文化を紹介するブログ

台湾の文化・風習

空前のブーム!?台湾でただいま流行中「野餐」!

更新日:

前回台湾を訪れたあとからちょっと気になっていたことがありました。

それはもしかしたら台湾で「野餐」が流行り始めているんではないか?ということ。

注意してみると台湾の友人たちがfacebookに投稿する写真の中に、今まで見かけたことのない「野餐」写真がちらほら登場するようになっています。

「野餐」に出かけよう。

野餐=ピクニック

野(いぇ)は野外、郊外などの意味。餐(つぁん)は食事の意味です。つまり野外で食事をするのが野餐=ピクニックなわけです。

2015年5月の台湾訪問時には、台北のまちなかでこの言葉を目にすることが数回。記憶をたどっても昔むかし学校の授業で習ったきり、お目にかかることのなかった言葉です。

インターネットで調べてみるとやっぱり流行中のようでした。

台湾の人気ブロガー史丹利の記事の一部を引用してみます。

假日公園滿是人潮

除了路跑,我發現最近又開始有新流行,很莫名其妙地跑出來,就是野餐。我不知道是不是受了歐美文化影響,看到電影裡的老外坐在草地上吃東西看書聊天好像好悠閒,這一陣子以來,我野餐的朋友突然變得好多。
只要是有陽光的好天氣,尤其假日,我的臉書上一定會看到好多人揪去野餐,不然就會看到一堆人坐在草地的照片。不信你可以找個天氣好的下午去華山園區或河濱公園那種有草地的地方看看,真覺得就像你在電影裡看到的景象沒兩樣,可能稍嫌擁擠。

史丹利:野餐現在好流行より引用

訳:休日の公園は人・ひと・ヒト

ジョギング以外に、最近新しいはやりが生まれていることに気がついた。なんだかよくわからないけど流行り始めた。それがピクニックだ。

ヨーロッパやアメリカ文化の影響なのか、映画で外国人が芝生に座って食事をし、本を読み、おしゃべりしている姿がゆったりしているように見えるからなのか、ここ最近、ピクニックをする友人が突然増えだした。

天気の良い日、特に休日なんかになれば、俺のfacebook上に友人たちのピクニックに出かけた写真がアップされる。

もしくは大勢の人が芝生に座っている写真。信じられないっていうヒトは、天気の良い日の午後に(台北の)華山公園か河浜公園あたりに行ってみるといい。本当にキミが映画の中で見たあの景色と変わらないから。

映画と比べるとちょ~っと混雑しているかもしれないけど。

1d1642bddf0f394911b585b677c79f13_s

流行ると大流行するのが台湾。きっと本当に休日の公園はピクニックをするひとが急増しているんでしょうね。光景が目に浮かびます。

 

流行るとスゴイ台湾!自転車の場合

前述の記事で史丹利もふれていますが、以前自転車が流行ったときは目に見えてオシャレ自転車が増え、さらにわかりやすく自転車ショップも増えたのです。

そしてとうとう台北市政府が市内の主要自動車道の一部を一車線潰し、自転車専用道路にするという大胆な取り組みも行われていました。

海外サイクリングツアーなども販売されていましたし、当時のニュースでは、台湾の大手自転車メーカーでは業績が良くてボーナスが23ヶ月分支給される!!ということが報道され大きな話題になっていたほど。

羨ましい!!と思ったのでよく覚えています。笑

それくらい流行りが見て取れるのが台湾の面白いところ。

ちなみに自転車専用道路は、利用者がいないことへのクレームと事故が増えたことを受け、実施から4年後の2012年に廃止されてしまったようです。

4500万元(日本円で当時1.3億円程度と思われます)を無駄に使ったと批難されていました。

台湾の行政機関の行動の速さには感心させられることも多いのですが、これは失敗に終わったようですね。

大ブームは去ったものの自転車人口は増えたでしょうし、その後のエコ・ロハスなはやりの流れを作ったのが台湾自転車ブームだったのかもしれませんね。

ちなみに自転車の後はランニングが流行ったようですよ。

史丹利によると全盛期は、1年間で2日に1回はどこかしらでマラソン大会が開かれる計算になるほどだったそうです。

 

訪れた台湾ピクニックブーム

cdb86a3c9e9baa735ed2b0a8dacafc02_s

サイクリングを経て、ジョギングの次にやってきているのがピクニックブーム。

ここ2年ほどの間にピクニックに関する民間の団体も設立され続々とイベントが実施されています。

台北市に隣接する(囲んでいる)新北市では、政府主導でクリエイティブなピクニックを行うピクニック達人コンテストを実施。

公共の施設の芝生をピクニック用に無料開放し、レジャーシートまで無料貸出を始めています。

ここでも政府が流行に乗っています。この動きの速さはさすが台湾です。

形から入る人も多く、ピクニック用のレジャーシートや野外用食器などもどんどん売れ出しています。台湾の企業も続々売出し中。

a1180_005049_m

ディスカバリーチャンネルで知られるディスカバリーコミュニュケーションズの関連企業では、2013年に「TLCピクニックディ」と題したピクニックイベントを初開催。

集団でピクニックをし、企画ステージを楽しみ、のんびりとした時間を過ごすというスタイルに惹かれて3万5千人参加したというから驚きです!

2014年も好評を博し、今年も先週末台北市内の河川公園で第3回目となるイベントが開催されたようです。

さらには来月には台北市を飛び出し基隆市の国立海洋科技博物館にて「TLCオーシャンピクニックディ」が開催されることも決定!

ピクニック推進団体「台北野餐倶楽部」のfacebookへの「いいね」数は2万5000超え。

ちょっと遡るとファッション誌VOGUE主催のピクニックイベントが開催されているなど、まさにピクニックブーム到来中。

サイクリング・ジョギング・ピクニックと流行廃りは感じるものの、台湾のエコロジーやロハス志向はこの10年位の大きな流れになっているようです。

TLCピクニックディのサイトを眺めていると、私もピクニックに出かけたくなってきました。

こうやって台湾のピクニック人口が増えているんでしょうね。身を持って体験してしまいました。

なかなか面白いのでお時間があったらちょっとのぞいてみてください。

TLCピクニックディ(中国語)

2015.9.16

広告テスト

広告テスト

-台湾の文化・風習

Copyright© 台湾とあくしゅ , 2020 All Rights Reserved.