台湾とあくしゅ

台湾歴16年・元駐在員が台湾のグルメ、かわいいシューズや雑貨、観光、文化を紹介するブログ

ホテル情報 台湾子連れ旅行

子連れ台湾  子どもが絶対よろこぶ宿 Jack Castle(傑克堡旅館)は泊まらないと損!?。3歳児ー台南高雄

更新日:

2歳をすぎてからだいぶ少なくなった娘との台湾母子旅。

出張に同伴する形で行ってきました。

台南メインの台南高雄旅。

今回は仕事以外では娘に喜んでもらえる要素をと思い台湾でも大人気の親子民宿に宿泊してみました。

結果、滑り台付きのホテルに子どもが大喜び!幸せそうな顔が見られて大満足でした。

また泊まりたいホテルリストINのJack Castle(傑克堡旅館)について紹介していきます。

 Jack Castle(傑克堡旅館)の位置

台南市の中心からは少し離れます。駅からタクシーなど車で約7分。

徒歩だと30分程度とのこと。子連れで歩くのにはあまりお勧めしない距離です。

また、住宅街に位置していて、周りはとっても静か。
5分くらい歩かないとコンビニやお店がないです。

3分圏内にコンビニがないと遠いと思うあたり、私も台湾のコンビニ天国に慣れすぎているかもしれません。

そして地図をよく見ると、ジャックキャッスルより少し北に花園夜市が!!

そうなんです。なんとこのお宿。台南一大きい花園夜市まで徒歩圏内。

大人の足で10分程度の距離。私も娘と徒歩で遊びに行きました。

結構楽しめたので、子連れ旅行にもおススメです。

 Jack Castle(傑克堡旅館)のお部屋 スタンダードダブルルーム

平日から週末にかけて宿泊した Jack Castle(傑克堡旅館)。

実は、週末のスタンダードルームの予約が埋まっていて、ランクが1つ上がるお部屋しか開いていませんでした。

お宿を変えることも考えたのですが、娘の喜ぶ顔が見たい。

ということで空いてるときは安い部屋。週末はワンランクUPで宿泊することにしました。

先にチェックインしたのがこのお部屋。

滑り台(上から)

滑り台。茶色い部分はふかふかマットで安心。

すべてのお部屋の中に子どもの大好きな遊具、滑り台様がついています。

想像していたよりも立派な滑り台です。

大人が滑ってもびくともしません。笑

部屋にはちょっとだけおもちゃも置かれています。

子ども大興奮!!

トンボ、そこまでリアルにする必要ある?
内装のデザインは好みがわかれるかと思います。

小さいですがボールプールもあり。


お風呂も清潔です。

子ども用の台?

湯舟として利用できるのでしょうが…利用せず。

アメニティは本当に最低限。正直足りないです。持参おすすめ。
リンスがない。歯ブラシも子ども用置いててくれたらうれしい。


部屋の床はコンクリートです。

興奮して遊びまわるのでそれだけがちょっと難点かな。

滑り台は階段部分もクッション性のある素材が敷かれていて安心感がありました。

ベッドは滑り台の上。ロフト上になっています。
広々ダブルベッドで娘を奥に私が手前に寝ればかなり安心なつくりでした。

Jack Castle(傑克堡旅館)のお部屋 デラックスダブルルーム

基本的に設備はスタンダードダブルルームと変わりませんでした。
広さと定員に差があるくらいかな。

部屋のドア。わりと重厚なつくりです。

見たことあるあの親子と目があいます。

海をイメージした室内のようです。滑り台もあります。

各部屋の滑り台たちは結構スピードが出る仕様です。
大人も意外に楽しめます。

ボールプールはここにも。

ベッドカバーのファンシーさが台湾っぽいです。

お風呂の設備も基本は一緒。アメニティは少ないです。
でもここの部屋は猫足のバスタブでした。

全体的に部屋がちょっと広くなった印象。とくに大きく違いはありません。

グレードをもっと上げると、ベランダがついて、そこでもおもちゃの車に乗れたりするみたいです。

公共スペース

公共のキッズスペースもいい感じ

1階は公共のスペース食事のスペースとキッズスペースに分かれています。
キッズスペースがなかなかいい感じ!

子どものころこんなところで遊べたら楽しかっただろうな。
と思えるスペース。
平日は宿泊者が少ないのでほぼ貸し切り状態。

すぐそばにトイレもあり、掃除も行き届いていたのでいろいろ安心。

そしてよる9時まで使えるのもありがたい。

壁面には大量のおもちゃ。
おもちゃは売り物です。危険です。笑

そしてジュースも販売中。
瓶のジュースで瓶を返却するなら10元。瓶を返却しない場合は20元で販売。
あまり子どもには飲ませたくない系のジュースが多いのが玉にキズかな。

朝ごはんはワッフル

お宿の朝ごはんはワッフルとジャム、そしてシロップ、くだもの、ドリンク各自1杯です。

提供時間が決まっており、1階でお店の人に声をかけると提供してくれるしくみ。

ワッフルは何個必要か聞かれるので、答えるとその数出してくれました。

4つと答えて出てきたのが下記の量。

ワッフルとジャムは自家製です。

味はふつう。個人的にはバターが欲しい。

ドリンクは台湾特有?の甘い系が多いです。

けして味は悪くないのですが、毎日ワッフル+くだもの&朝から甘いものなのでちょっと飽きが来るかもしれません。
私は2日目には飽きてしまい、3日目は外に朝ごはんを買いに行きました。

朝食スペースは清潔でひろびろ。

ホスピタリティ

全体的に親切でよい対応をしていただきました。

住宅街なのでタクシーにのりにくそうだと相談すると、オーナーがLINEを交換しようと提案。

滞在中タクシーを宿に呼びたいときはオーナーにLINEして呼んでもらいました。

(LINEの交換を提案する距離感の近さに台湾っぽさをかんじます。)

部屋を移るときも、荷物をまとめておいてくれたら移動させておくよ~と言ってもらえたり。

対応に不満はありませんでした。

プラスなところマイナスなところ

宿泊して感じたプラスなところとマイナスなところは下記の通り。

プラスなところ

・部屋とキッズスペースで子供がとにかく喜ぶ
・大人も滑り台をすべると楽しい
・花園夜市まで近い
・宿の人が親切
・朝食付き
・エレベーターがついている
・洗濯機があるらしい(使いませんでした)

マイナスなところ

・宿の人は24時間滞在ではない(台湾の民宿にはよくあること)
・24時間滞在ではないので基本のチェックイン時間が限られている(13時30分から18時とのこと)
・お風呂場のアメニティの種類が少ない。(リンスがない)
・マナーの悪い人と同じ日に泊まると子どもが夜10時を過ぎても騒いでいてちょっとうるさい
(宿には10時以降は遊具で遊ばないよう中国語の張り紙あり。でも親によっては気にせず…)
・朝食メニューが連泊しても1種類のみ
・車を持っていない子連れ旅行者にはちょっと不便。移動がタクシーになる。
・マイナスとは言わないけれど部屋のデザインによっては壁面の絵など感性があわないと感じる部屋もありそう。

まとめ

子どもが喜ぶという点では100点満点なお宿でした。

滑り台を自分で滑れる年齢から小学校低学年くらいまでなら文句なしに楽しめると思います。

逆にすごく楽しいから「外に行きたくない」って言われかねません。

中心から少しはずれるのでタクシー移動になり気軽に宿に戻りにくいのが個人的には一番のマイナスポイント。

でもそれを補ってあまりある良い設備でした。

次回泊まるときは旅行用のアメニティを充実させて行こうかなと思います。

Jack Castle(ジャックキャッスル・傑克堡旅館)

台南市民德路58巷106號
https://www.jackcastle.com.tw/

FACEBOOKページ

 

広告テスト

広告テスト

-ホテル情報, 台湾子連れ旅行

Copyright© 台湾とあくしゅ , 2019 All Rights Reserved.