台湾とあくしゅ

台湾歴16年・元駐在員が台湾のグルメ、かわいいシューズや雑貨、観光、文化を紹介するブログ

ホテル情報

アダージョ台南ルーツイン(緩慢文旅台南古根店)コスパ良し。台南は素敵ホテルの宝庫かも?

投稿日:

台湾は子連れでも比較的安心な海外旅行先。
3歳にして台湾料理が好きな娘はいつもより食欲が増すほどです。

そんな台湾滞在。一番気をつかうのは実はホテル。

今回は子連れにも、カップルにもそしておひとりさまや友人同士でもオススメなホテルのご紹介です。

台南で大きなベッドがあるホテルを探す

子連れ(3歳)。過去にはベビーベッドのあるホテルを必死で探したことがありますが、この歳になると添い寝です。

親子で寝るとなるとダブルベッド希望。
欲を言えばクイーンサイズかキングサイズが安心。

 

台北だと思い当たるところもあるのですが、台南は未知の世界。
今回はネットの予約サイトを比較しまくりました。

今回の宿泊の条件は

・ダブルベッド以上
・市街地であること
・清潔であること
・1万円前後で泊まれること

でした。
基本的には口コミを拝見。
そして公式ホームページを確認。

結果選んだのが、アダージョ台南ルーツイン(緩慢文旅台南古根店)でした。

アダージョ台南ルーツイン・緩慢文旅台南古根店に決めたわけ

今回宿泊したアダージョ台南ルーツイン(緩慢文旅台南古根店)はいわゆるリノベーションホテル。

なんでも台南の古い民宿を「薫衣草森林」という台湾のナチュラル系有名企業がリノベーションしたホテルらしいです。
系列のホテルに昔泊まったことがありますが、同系列といわれるとなるほど納得な雰囲気。

 

 

安心感のある装飾というか、飾りすぎていないけれど、ちょっとだけ非日常を感じられるのがここのホテルのいいところだと思います。

ちなみにこの時の値段は朝食付きでキャンペーン価格で1万円くらい。

親子3人で宿泊するならコスパはかなり良いと思います。

※台湾は基本1部屋いくら~なので人数が多い方がお得感は増します。

アダージョホテルの雰囲気は

フロントはこんな感じ。

ちょっとレトロ、でもスタイリッシュ。

とがりすぎていなくて好きです。

ちなみに斜め向かいにコンビニがあるので何かと便利です。

階数はそんなにないけれど、エレベーターも完備。

付属の施設もちょっとこだわりを感じます。
とても気分が良かったのがここ。

図書室らしいです。

先客は帰りのバスの時間まで暇つぶししているお姉さまひとり。
他に人がいないので、図書室ですが世間話などしつつのんびり。

飲み物を無料でいただけます。

外の景色はビルと民家。
ザ・台湾という感じで逆に趣を感じます。

暑くなりつつあった台南での夕涼みに気持ちのいい空間でした。

広々空間で採光もいい感じ

肝心な部屋ですが清潔感があり、ぬくもりを感じさせる内装です。

妙にスタイリッシュでキラキラしているホテルはちょっと苦手なので安心感があります。

そして台湾では珍しい玄関で靴を脱ぐタイプのお部屋。

子どもがいるので、靴を脱げるのはかなり嬉しいです。
日本人的には、ここはポイント高いのではないでしょうか。

部屋も広々。

ベッドも親子3人なんとかOK。

これなら寝相の悪い子どもと一緒でもちょっと安心。

マットレスもしっかりしてて気分よく眠ることができました。

あとは、台湾では最悪ないこともある窓。こちらも大きくてしっかり光が入るので申し分なし。

リノベホテルだけあって(?)壁の鉄骨が出ているところがあるのでそのあたりは子どもさんは要注意。
あとは配線が見えてるところがちょっと多いかも。

気になる水回りも清潔でした。

バスタブはありませんが、これも台湾では割と普通ですし、知ってて予約したのでよし。

水圧も十分。

ただ、ここのホテルに限ったことではないですが、台湾のホテル(リノベホテルだけ?)は水道水から鉄のような味がします。

もともとの水質なのかわかりませんが、日本人だと驚くレベルなことが多いので、個人的に歯磨きにはミネラルウオーターの利用がおススメです。

※なお、公式ページによるとツインの部屋もあるとのことなので、私たちは事前にメールで子連れのためダブルベッドの部屋を希望している旨伝えました。
返事はなかったけど、しっかりダブルベッドのお部屋に通していただけました。

アダージョホテル台南・朝食はおしゃれ中華粥

ホテルの朝食は別棟のカフェスペースで。

お昼や夜はカフェとして営業しているようですが、朝は宿泊者の朝食会場になっています。

宿泊者の最初の朝ごはんは決まっていて選べません。

なんでも2泊以上するといくつかのメニューから選べるようになるそうで、隣の連泊者は洋風の朝ごはんを食べていました。

セミセルフ方式で、台の上にある飲み物やパンなどは自由に飲んだり食べたりOK 。

そうこうしている間に出てきたのがこちら。

2人分です。

具がいろいろあって盛りだくさん。

目にもうれしく、いわゆるインスタ映えしそうな品揃え。

健康的なメニューです。

普通に普通のおいしさです。

連泊して他の朝食も食べてみたかったです。

ビュッフェもいいけど、こういう朝ごはんはワクワクしますね。

徒歩圏内に観光名所がたくさん。

今回のホテルの立地的な条件はとにかく市街地であること。

台南駅からタクシーで5分くらいが目安でした。

たまたま選んだホテルですが、台南観光にはとっても便利な場所。

台南市街地はそんなに大きくなくコンパクトにまとまっています。

正興街というレトロな感じのまちやその近くのかわいすぎるメロンアイス屋さん。

日本統治時代のデパート後を改装した林百貨。

孔子廟。クリエイティブな商品の多い藍晒圖文創園區(ブループリント地区)も歩ける距離。

とにかく便利な場所でした。

このエリアは台南観光の拠点にオススメといえるかと思います。

まとめ

お一人様だと日本のビジネスホテルに較べるとちょっとだけ高いかもしれません。

でもゆったりのんびりしたくて、ちょっと質感のあるホテルが好きなら迷わずオススメします。

部屋良し、立地良し、愛想良し、朝食良し。

二人以上ならコスパの高いホテルです。

ちなみに4人部屋もあるそうなのでグループ旅行にもオススメ。

台南は素敵なホテルが多いかも。

個人的にはシャングリラに泊まりたいですが。笑

台南おすすめホテル。また紹介します!

広告テスト

広告テスト

-ホテル情報

Copyright© 台湾とあくしゅ , 2017 All Rights Reserved.