台湾とあくしゅ

台湾歴16年・元駐在員が台湾のグルメ、かわいいシューズや雑貨、観光、文化を紹介するブログ

未分類

美味しくってかわいい!キャラクター点心にニンマリ。台北・叁和院(サンフーユェン)!

更新日:

友人のfacebook投稿で見かけて「これは是非行きたい!」そう思ったお店がありました!

それが台北にある叁和院(サンフーユェン)。

女子旅や子連れ旅、カップルなどでワイワイしながら楽しむのにぴったりなお店でしたよ。

叁和院(サンフーユェン)をおすすめするわけ

台湾風居酒屋らしいけど観光でも入りやすい

今回友人といっしょに食事をした叁和院(サンフーユェン)。

デパートの地下に入っていて、ちょっとカジュアルなレストランだと感じていました。

本店の方はもう少しスタイリッシュ。おしゃれ度が増します。

でも、あとから知ったのですがこちらのお店「台湾風居酒屋」らしいのです。

台湾風居酒屋といえば手前に海鮮の水槽が並び、とっても賑やか。

お店の店構えは庶民派。背もたれのないイス。半分屋外でちょっと暑い。

ぱぱっと炒めた海鮮やお肉料理をみんなでワイワイつついていく、そんなイメージだったのでちょっと驚きました。

ningxiayeshi
(こんなイメージ)

もちろんあの雑多な雰囲気はそれはそれでおすすめですし、実は私も大好きなのですが、観光客にはちょっとハードルが高いと感じていました。

そんな方にもオススメできるスタイリッシュな台湾式居酒屋。

それが叁和院(サンフーユェン)なのです。

日本語メニューあり

地味に嬉しいこのサービス。

最初の1ページ目は翻譯もいい感じなのに、2ページ目以降から「あれ?ん?おお!そう訳しますか、その発想はなかった!」

という翻譯がちょっぴりふえますが、まあ意味はわかるので、くすっと笑いながら指さし注文して下さい。

サイズが選べます。3人くらいまでなら標準サイズでいいと思います。(中サイズは1.5倍、大サイズは2倍とのこと)

なお、辛い食べ物には炎のマークが付いていますので、苦手な方も安心です。

ちなみにメニューに書かれている費用に10%のサービス料が加算されますのでご注意下さい。(台湾ではちょっといいレストランだと加算されることが多いです)

またお昼は最低消費額が1名につき150元、夜は300元(土日祝日は一律300元)と規定されていますのでご注意下さい。

日本人が観光でよく行くエリア付近に2店舗ある

日本人が台北観光でいくならこの2店舗が便利だと思います。

興味にある方はメニューの先取りもどうぞ。

微風南京店のメニューPDF(中国語メイン日本語訳あり)
台北アリーナ(台北小巨蛋)道斜め向かいのデパート微風南京のB2にあり。

中山地区、松山地区からのアクセス良し。

忠孝旗艦店のメニューPDF(中国語メイン日本語訳あり)

台湾のオシャレなファッション系テナントが立ち並ぶ東区の近くに用があるならこちら。

店構えや内装はこちらのほうが雰囲気がある気がします。

子どももよろこぶビジュアル

そしてさらにおすすめな理由。

ズバリこれです!

DSC08623
(はろ~。イカスミじゃないよ!)

この見ただけでちょっとうれしくなってしまう、そんな点心のかわいさに心惹かれました!

まっくろくろすけ風のピーナッツまん。

中身はペースト状のピーナッツ。ピーナッツバターが甘くなったようなお味。

程よい甘さで、後を引く美味しさ。

トトロ風のグランベリーまん。

DSC08621

真っ白なビジュアルですが、割ると中にはグランベリー餡が!

色物系は見かけ倒しで、味はまずいかもと思っていましたが、意外や意外。

ちゃんと美味しい!

ピーナッツも、グランベリーも饅頭生地によく合っていてみんなペロリ。

この他にもハリネズミをモチーフにしたもの、マリオのキノコのような点心やちょっとキモカワ?な不思議モチーフな点心などもありました。

うちの娘にはまだ「かわいい」という感情はなかったようですが、幼稚園以上のお子さんならきっとよろこんでくれるはず!?

日本の肉まんなどの生地にも近くて親しみがあるのでお子さんでも食べやすいかと思います。

 

叁和院(サンフーユェン)の他の料理のお味は?

他の料理も美味しい!

ちなみに点心類以外もおいしいです。

点心で客を集めていて、実はほかは大したことないんじゃないの?て思ってましたが意外や意外!(失礼)

ちゃんとお値段分のものは出しているなと感じます。

今回頼んだものは全部美味しくハズレ無しでした!

飛魚卵老皮嫩肉(卵豆腐の揚げ出し風とびっこのせ)187元

DSC08613

卵豆腐の揚げだし?風はかなり美味しいのでどこでも頼みます。

ここのも例に漏れずジュワとお出汁が広がって、薄皮がいい具合。

もぐもぐすると玉子豆腐がぷるんとしていてなんともいい食感。

老皮嫩肉はわたしが台湾でぜひ食して欲しいオススメの料理です。

月見過貓(わらび?の卵のせ)187元

DSC08612

ワラビだと思って食べたのですが、「クワレシダ」というシダ科の植物として翻訳されています。

どっちにしてもさっぱり味で、どんどん食べられる感じ。

卵を絡めるとちょっと濃厚で美味しかったです。

生卵が入るのでお腹の弱い方はオススメしません。

叁和院蛋炒飯(卵チャーハン)157元

DSC08615

ビジュアルが嬉しいチャーハン。

日本でも真似したらいいのに。

崩してしまうと普通のチャーハンですが、安定安心の美味しさ。

鳳梨大蝦球(エビマヨパイン)287元

DSC08616

好きになると無性になると食べたくなるこの組み合わせ。

フリッター風のエビにマヨネーズベースのソースとパイナップルがあえられています。

いっしょに入っているキウイは食感的にもいらない感じでしたが、熱々のフリッターとマヨネーズとパインの酸味が絶妙に絡み合ううまーいお品でした。

小白啾啾蔓越莓奶酥包(クランベリーとバター餡の包子)167元

DSC08621

先ほども紹介したグランベリーまん。

ちょっと洋風です。

見た目がトトロだとまことしやかに囁かれています。

小黑咻咻花生包(落花生餡の包子)127元

DSC08623

先ほども登場したピーナッツまん。

この口いっぱいに広がる甘くて濃厚なペーストの餡は、どこか懐かしい素朴な美味しさ。

紅白繽紛樂(紅白揚げ餅・練乳がけ)57元

DSC08618

おまけで出てきたデザート。

ちなみに結婚式などでよく出てくるおめでたいメニューです。

3人でこれだけいただきました!

これでドリンクなど1ドリンク頼めばおそらく合計は1,800元位かと。

割り勘にしたと想定すると約600元(約2,000円。)

レストランで食事をしてお酒もちょっといただいてこれくらいの価格ならお手頃かなと思います。

ぜひ、まっくろくろすけまんにチャレンジしてみてくださいね。

(今回は3店舗あるうち、中山区(中山北路周辺)からアクセスしやすい微風南京店を訪れました。)

ーー

叁和院 台灣風格

支店住所・電話
忠孝旗艦店:台北市忠孝東路四段101巷14号
電話:(02)2731-3833
営業日:月~日
営業時間11:30~01:00(金・土は02:30まで)

微風南京店:台北市南京東路三段337号B2
電話:(02)2713-3833
営業日:月~日
営業時間11:00~22:00

 

広告テスト

広告テスト

-未分類

Copyright© 台湾とあくしゅ , 2017 All Rights Reserved.