台湾歴16年・在住経験7年の留学経験あり&元駐在員が紹介する台湾の観光、文化、かわいい雑貨、グルメ情報ブログ

menu

台湾とあくしゅブログ

必見!蜷川実花展・台北當代美術館にて開催中!

蜷川実花さんの写真を見て、その眼艶やかさや美しさに心奪われた人は多いのでは?

独特の世界観と色使いに思わず魅入ってしまう魅力を持った蜷川実花さんの写真。

そんな作品を観賞できる蜷川実花展が、3月19日より台湾・台北市の當代芸術館にて開催されています。

中華圏で大人気の女性ユニットS.H.Eがメインビジュアルをつとめていることでも話題を集めている展覧会。

そのポスターは圧巻。

美しい、の一言です。

蜷川実花さんとドラマ・蘭陵王

蘭陵王のキービジュアルを担当

もともと台湾でも知られていた蜷川実花さんですが、その名前が広く知れ渡ったのは、ドラマ蘭陵王での「キービジュアルディレクション」を担当したことも大きいのではないかと思います。

個人的には、ドラマの世界観が彼女の撮影でビジュアル的にもより華やかに美しく表現できていると思います。

私自身関連ビジュアルの美しさに思わず見とれてしまった一人です。

ninagwa1

當代美術館FBページ投稿より転載)

蘭陵王とは

「蘭陵王」とは、中国の南北朝時代。北斉に実在した高長恭(蘭陵王)を主人公とした時代劇・恋愛ドラマです。(中国・台湾の共作/2013)

蘭陵王はその勇敢さ・有能さ・美しさで知られる人物です。

北斉のために力を尽くしていたものの、その有能さが仇となり、皇帝に恐れられるようになり毒薬を下賜されてしまい、それを飲んで自ら命を絶った悲劇のヒーロー。

(私にはよくわからない分野ですが、日本の雅楽にも「蘭陵王」という演目があるそうです。)

魏晋南北朝末期。北朝では戦乱が続いていた。その中で、北斉の皇族であり、美しさ故に戦いに赴く際には仮面をつけている不敗戦神・蘭陵王がいた。蘭陵王は宿敵・北周との交戦中、ひょんなことで北斉と北周の国境線上の仙人の村に迷い込んだ。その村の舞女で予知能力を持つ祖母に育てられた楊雪舞と出会い、惹かれていくのだが…。

KBS京都・華流ドラマ「蘭陵王」あらすじより引用

雪舞は天女の家計で予知能力があります。そしてその祖母もまた同じ。

祖母は雪舞が後に恋仲となる蘭陵王が雪舞と出会ってから数々の困難に巻き込まれてしまうこと、さらに蘭陵王が雪舞にであってから1年以内に死ぬ不吉な未来を予知します。

蘭陵王と出会うことのないように画策する祖母。

しかし、偶然が重なりふたりは出会い、引かれていきます。

蘭陵王の運命を知った雪舞は彼女の能力を活かし、祖母の見た不吉な未来を替えようと決意するのです。

主人公の蘭陵王は馮紹峰(ウィリアム・フォン/中国)が演じ、ヒロインの楊雪舞を林依晨(アリエル・リン/台湾)が演じました。

lan1

lan2

(※画像はDVDパッケージ。実際はもっと綺麗です)

人気も実力もあるふたり。

台湾でも中国でも大好評を博したのは言うまでもありません。

テレビのチャンネルが多い(ケーブルTVが一般的)台湾では視聴率1%とればヒットと言われています。

そんな中、蘭陵王の平均視聴率は3.3%。最終回は4.15%だったとのことで、大ヒットドラマであったことが伺えます。

私も最初の3話ほど見てみたのですが、面白いです。

中華圏ドラマのちょっとコミカル、胸キュンラブコメ的な要素はそのままに、壮大なストーリーとなっていて、先が気になる気になる。

時代物としても見応えがある内容です。

台湾ドラマはその予算の少なさからか、セットなどがちょっとしょぼくてそちらが気になることが多いのですが(笑)、蘭陵王は予算規模が大きかったためかそんな心配はなく安心してドラマに集中できます。

(なぜ3回めまでしか見ていないかというと単純に時間を見つけられないからです。時代劇は言葉が難しいので字幕を見ながらしっかり見たいのです)

話がそれましたが、ドラマの大ヒットもあり、蜷川さんの人気はさらに確固たるものになった、と思います。

気になる方は是非ドラマをチェックしてみてくださいね。(※TUTAYAなどでのレンタルDVDもあります。)


蘭陵王DVD紹介(日本語)

お得すぎる・台北の蜷川実花展

當代芸術館の初日動員記録を塗り替えた。蜷川実花展

蜷川実花展の人気は日本のメディアでも取り上げられています。

朝日新聞デジタルによると

蜷川の台湾での人気は絶大で、それを裏付けるかのように開催前日の18日に行われた現地メディア向けの取材には10台近くのムービーカメラと約200人ほどの報道陣が駆けつけた。

19日の個展開催初日には2400人の現地ファンが来場し、台北當代芸術館の初日来場者数記録を塗り替え、当日は入場に規制がかかり、待ち時間は2時間待ちにまでおよんだ。

とのことで、その人気ぶりが伺えます。

更にファンには嬉しいことに、今回の台北での展示は、蜷川さんの作品展中でも最大級の規模とのこと。

通常より300点ほど多い、700点もの作品が展示されているとのことです。

蜷川さんファンはもちろんのこと、とくにファンじゃないけど…と言う方にもお得でさらに見応えいっぱいの展覧会と言えそうです。

更にびっくりなことに、入場料は50元(約180円)。

お得過ぎますよね!!

期間中に台湾を訪れる方は時間を見つけて、ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか?

写真セットもあってそこでは蜷川ワールド全開な自撮り写真も取れるみたいですよ。

台北當代芸術館へのアクセスなど

台北市の中心部・中山地区に位置する台北當代芸術館。

アクセスの良さもバツグン。

建物もとても可愛いので、女子旅やカップルで訪れるのにもオススメです。

台北當代芸術館

蜷川実花展
期間:3月19日~5月8日
営業時間:10:00-18:00(17:30最終入館)
休館日:月曜日
電話:02-2552-3721(中国語)
住所: 台北市大同區103長安西路39號
チケット:一律50元
アクセス:MRT中山駅1番出口より南へ7~8分。最初の大通り(長安西路)を右折して30秒。

赤レンガのクラッシックな建物が目印です。

私も来月台湾に行く時に覗いてみようと思います(^o^)

現在のところ土日は大変人が多く待ち時間も長いようです。

お時間にはお気をつけ下さい~。
ーー

3月上旬より新しい取り組み始めました!ページヘのいいねお待ちしています!

ice

かわいい台湾見つけ隊!胸キュンしたい女子のための台湾ノート

 

台湾のこだわり商品をあつめてます。Webショップぜひご覧ください!

AkuShu~台湾雑貨と服飾のお店~

facebookページ・いいねしていただけるとうれしいです!

AkuShu〜台湾雑貨と服飾のお店〜

お店を応援してくださる方、台湾情報を交換したい方はぜひご参加を!FB非公開グループ!

台湾とあくしゅ~AkuShu台湾雑貨と服飾のお店

筆者の上野個人へのFB申請も歓迎です!メッセージを添えていただけると嬉しいです!

FB申請♪<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール

店主のプロフィール

○台湾と沖縄、大好きな場所を結びたい!
まわり道をしてやっと見えてきた夢の実現を目指して奮闘中です。
まずは台湾の良いものを日本の方に紹介するべくネットショップ開店しました!
【画像クリックでネットショップへリンクしてます!】

○ママ2年生になりました♡大変だけれどそれ以上のhappyをもらっています☆

○沖縄出身です。台湾(7年)を経て現在大阪在住です。